がんと遺伝子の関係について | 遺伝するがんの種類や割合について

がんと遺伝子の関係について

がん発症のメカニズムと遺伝子とは大きな関わりがあります。
がんは日本人に多い病気なこともあり、昔から「がん家系」という言い方もされていました。
しかし、確実にがんになる遺伝子を持つ人は割合としてはそう多くはない事を知っておくべきです。
親戚や家族にがんで亡くなる人が多くても、がん自体が遺伝しているわけではありません。

 

関連ページでは遺伝するがんの種類や患者の中での割合、医療機関情報についてまとめています。
さらに、がん細胞自体の遺伝子にはたらきかけることでがんを消滅させるという遺伝子治療法も紹介しています。

がんと遺伝子の関係について記事一覧

がんに関係する遺伝子と環境要素について

遺伝性のがんはあるものの、がん細胞自体が親から子に遺伝することはありません。また、ほとんどのがんの発症は、遺伝子と直接の関係はないと言われています。よく「がん家系」という言葉を耳にしますが、家族にがん罹患者が多い場合でも、遺伝子の変異によって起こっているがんというのはごくまれです。性格・体質が遺伝す...

≫続きを読む

 

がん自体が遺伝子の変異によって引き起こされている

体細胞ががんになるのは、DNAや遺伝子の異常が原因といえます。がん細胞内では、数個~数十個の遺伝子に変異が入っているのが見られるためです。がんを引き起こす2つの遺伝子がん遺伝子(優性の表現型)がん抑制遺伝子(劣性の表現型)がん遺伝子父か母のどちらかの染色体に変異が入っていると子に影響する。元々は細胞...

≫続きを読む

 

遺伝するがんの種類と関係する遺伝子・発症の確率について

遺伝子検査によってわかる、遺伝が大きく影響するがんには次のようなものがあります。眼のガン(網膜芽細胞腫)2~3才までにかかる小児性のがんで、網膜に悪性腫瘍ができます。発症の確率は1,5000人に1人と言われ、両眼性と片眼性があります。親の精子か卵子のRB1遺伝子に変異があると、胎児の持つRB1遺伝子...

≫続きを読む

 

若年性乳がん・卵巣がんと遺伝子の関係と検査方法

乳がんのうち、次の特徴のある場合は遺伝の要因が強くあると考えられています(患者全体の全体の5~10%と推測されている)若い年齢(40歳以下)で乳がんを発症する両方の乳房に転移するわけではなく、片側に独立して乳がんを発症する血縁者の2世代以上にわたって乳がん発症者がいる血縁者に卵巣がんの発症者がいる乳...

≫続きを読む

 

遺伝子変異によって発症する大腸がんについて

日本人の女性が多くかかる大腸がんの原因中には、特定の遺伝子が関係して発症しているものもあります。遺伝性非ポリポーシス大腸がん(HNPCC・リンチ症候群)は、MLH1またはMSH2・MLH3に遺伝子変異変異があることが原因で大腸がんになりやすくなる病気です。変異遺伝子をもつ人は、もっていない人に比べて...

≫続きを読む

 

がんの遺伝子治療/CDC6shRNA治療・REIC遺伝子新薬開発

CDC6shRNA(がん治療特殊活性タンパク)治療がんの治療といえば、外科手術と抗がん剤による化学療法を組み合わせた方法が一般的です。今はまだ健康保険の適用外ですが、がんに対する新しい対応策として遺伝子治療も行われるようになりました。CDC6shRNA(がん治療特殊活性タンパク)治療は、がん細胞内に...

≫続きを読む

 

ホーム